地区社会福祉協議会とは

 地区社会福祉協議会(通称:地区社協)は、市社協のように法律に定められた団体ではなく、住民の皆さんが自分たちの住む地域の福祉課題を「住民同士の助けあい」によって解決していくことを目的として設立された、任意の団体です。
 小山市内には8地区で地区社協が設立されており、見守り訪問やサロン活動、世代間交流事業、高齢者日常生活支援など、地区ごとに特色のある取り組みをしています。
 市社協と地区社協は、「誰もが安全で安心して暮らすことのできる福祉のまちづくり」を目指して、共に連携を図りながら小山市の地域福祉を推進していきます。

地区社協の構成メンバーは?

 地区社協は、地域住民を会員として、自治会、民生委員児童委員、健康推進員、地域の関係団体・機関など、地域を代表する皆さんによって運営されています。

構成メンバー

市社協と地区社協の関係は?

 市社協と地区社協は、車の両輪となって小山市の地域福祉を推進していきます。

市社協と地区社協の関係

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ